おこじょんの勉強ブログ

超プログラミング初心者の覚書

『Ruby on Rails 5 超入門』掌田津耶乃 著 学習のため Cloud9 の環境を書籍と同じにするためのたった 2 つのステップ

※記事下部にはレビューを記載しています。

はじめに

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails 5 超入門

実際に書店で確認できたものが今回の書籍と『Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング(山田 祥寛 著)』でした。ただ、後者はアプリを作るという点で不足を感じたため前者を購入。しかし、問題なのが書籍と同じ環境でないとエラーが頻発するということでした。今回は Cloud9 の環境を書籍と合わせることを覚書します。(といっても初歩的なことだったりするのですが…しばらく悩んでました苦笑)

解決方法

現在 Cloud9 の Ruby バージョンはデフォルトで ruby 2.3.0p0 となっています。 これを ruby 2.2.5p319 にして、 Rails 5.0.0 をインストールすれば解決です。

手順

  1. まず rvm install ruby-2.2.5 する(これで 2.2.5p319 になってくれます)
  2. gem install rails --version 5.0(これで 2.2.5p319 になってくれます)

以上

レビュー

★★★☆☆

  1. 他にアプリ開発をしながら Rails を解説する本が書店になかったため購入
  2. 書籍冒頭に独自の調査で出版したことが記載されていてやや不安になる
  3. 著者は現役エンジニアではないため注意が必要
  4. 所々に癖のあるコマンドや構文がある…でも説明があるためこれはこうなんだととりあえずは覚えられる(知識はナンボあってもいい)
  5. 色使い、説明、すごくわかりやすい、感動する
  6. 巻末の Ruby 基礎は飛ばし読みにして他で勉強した方がいい

といった感じでした。 まだまだ私自身がプログラミング初心者のため細かい点に気づけず、これ以上書けません…。 後日、大事だと思ったことなどはこちらの記事に加筆修正していきますので、 どうかご了承ください。

参考

stackoverflow.com

Cloud9 から Heroku に静的ページを公開するための 7 つのステップ

f:id:okojon:20170718131551p:plain

本題に入る前に

Cloud9 の公式ドキュメントに書いてある方法ではうまくいかないので、今回は Heroku 公式ドキュメント (https://devcenter.heroku.com/articles/heroku-cli) を参考に覚書きです。

STEP1 インストー

$ wget -qO- https://cli-assets.heroku.com/install-ubuntu.sh | sh

Heroku コマンドを使えるように必要なもの一式をインストールします。公式的には自動更新されないためあまりオススメでないようですが、他に試しても、公式コミュでも結局この方がうまくいくようでした。

STEP2 一応…

最新の状態にしなきゃなので一応 heroku update しておきます。

STEP3 Heroku にログインする

$ heroku login

Enter your Heroku credentials.
Email: adam@example.com
Password (typing will be hidden): *****

Email, Password を入力 -> Logged in as adam@example.com と出ればOK

STEP4 クローンする

$ git clone https://github.com/nulltask/heroku-static-provider.git my-site

サイト公開に必要なもの一式をクローンします。ちなみに my-site の部分は任意の名前でOK。

STEP5 Cloud9 にサイトデータをコピー

public ディレクトリにサイトデータ(HTML/CSS等)をドラッグ&ドロップします。
Github や Bitbucket を利用していたら同ディレクトリにデータをクローンします。

STEP6 いよいよ構築

$ cd my-site
$ heroku create my-site

これで my-site.herokuapp.com が構築されます。

STEP7 サイト公開

$ git add .
$ git commit -m 'Static site has developed'
$ git push -u heroku master
$ heroku open

以上でサイトが公開されました。

(おまけ) サイト更新するには?

ファイル編集後に

$ git add .
$ git commit -m '○○'
$ git push -u heroku master

するだけでOKです。ちなみに今回ワークスペースはテンプレートを Blank にしています。

ちなみに

私のプロフィールサイトは Heroku で公開しています。
https://webokojo.herokuapp.com/

Cloud9 でドットインストールの環境と合わせたいのに rbenv が使えないと言われた

Ruby 学習のため、また、現在の PC 環境から Cloud9 を利用しています。現在よく利用しているオンライン講座がドットインストールなのですが、レッスンと同じ環境にしようと補足にある通り rbenv から始まるコマンドを打ったのですがそんなコマンドは無いよ、と言われるのでまずはそこを整えるために調べてうまくいったので覚書しておきます。(たぶん rvm は使えるから rbenv はデフォルトじゃないのかも…?)

$ cd
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/plugins/ruby-build/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'gem: --no-ri --no-rdoc' >> ~/.gemrc
$ exec $SHELL

以上の手順でインストール -> 設定が無事に済むと、ドットインストールの補足にある手順でバージョンの設定ができるようになります。
ちなみに以下、すごく時間がかかります。。。

rbenv install --list
rbenv install 2.3.1
rbenv versions
rbenv global 2.3.1
rbenv rehash
ruby -v

引用元

https://teratail.com/questions/24573 http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby_v3/37101

rvm と rbenv について

RVMとはなんですか?
https://teratail.com/questions/1926

Ruby on Rails チュートリアル では、 rvm や rbenv をつかって ruby 環境を作ることが勧められています。

追記
  • 2017/07/13 タイトル及び本文を修正いたしました。